画像 気象 衛星 雲 画像 気象 衛星 雲

また、画像をより鮮明にするために、大気分子により太陽光が散乱される影響を除去するための手法(レイリー散乱補正)(参考文献[2])が利用されています。 5分ごとの気象衛星のページには、「可視画像」、「赤外画像」、「水蒸気画像」に加え、「雲頂強調画像」が掲載されています。

画像 気象 衛星 雲 画像 気象 衛星 雲

この特性を利用して、水蒸気画像では、雲がないところでも対流圏上・中層にあるごくわずかの水蒸気からの放射を観測することができます。 雲はその高度によって温度が異なります。 ある時刻に開始されたこの基本単位の中で行われるフルディスク観測、日本域観測、機動観測の観測時刻は以下のようになります。

画像 気象 衛星 雲 画像 気象 衛星 雲

衛星観測画像の見方 静止気象衛星ひまわりに搭載している可視赤外放射計は、人間の目で見ることのできる「可視光」から目に見えない「赤外線」までの様々な波長帯で、電磁波の強さを観測しています。

5
画像 気象 衛星 雲 画像 気象 衛星 雲

天気予報は、気象庁や気象情報会社が発表するものを利用してください。

画像 気象 衛星 雲 画像 気象 衛星 雲

地形性巻雲は、山岳越えの強い風の吹く安定成層中に発生するため、巻雲を構成する氷晶の粒径は小さく、強い上昇気流を伴った活発な積乱雲域の雲頂にある氷晶と同程度の大きさとなるためである。

9
画像 気象 衛星 雲 画像 気象 衛星 雲

これは、オープンセルが海上の暖流域あるいは強い寒気場内で発達することを表し、発達した低気圧後面から流入する寒気の強さを推定できる指標にもなる。 気象庁ホームページのコンテンツを利用しているページでは、「凡例」表示などに、コンテンツの名称などを記載をしています。

7
画像 気象 衛星 雲 画像 気象 衛星 雲

標準的なRGB合成画像には• このページでは、主な衛星画像がどのような特徴があるかを紹介します。

10
画像 気象 衛星 雲 画像 気象 衛星 雲

宇宙にあるひまわりから見えるのは雲頂部分なので、ひまわりの観測データから上記の方法を用いてわかることは雲頂高度です。

10
画像 気象 衛星 雲 画像 気象 衛星 雲

2017年6月20日11時00分(日本時)の画像(左:可視カラー画像、右:赤外画像(カラー)) トゥルーカラー再現画像 トゥルーカラー再現画像は、ひまわり8号・9号の可視3バンド(バンド1、2、3)、近赤外1バンド(バンド4)及び赤外1バンド(バンド13)を利用し、人間の目で見たような色を再現した衛星画像です。 地形性巻雲 山脈の風下側に発生する停滞性の上層雲を「地形性巻雲」と呼ぶ。